インターネットセキュリティー事情1

●セキュリティ啓発事業●セキュリティ啓発事業

NPO法人くるくるネットでは日本ネットワークセキュリティ協会、経済産業省との共催で、インターネット安全教室を平成十六年度から開催しております。
誰でも手軽にインターネットに接続できるようになった今日、ウイルス感染、詐欺行為、プライバシー侵害など情報犯罪の被害にあう危険性がますます高くなってきています。
いかに技術が進歩しても、ひとりひとりの意識の向上、モラルの徹底がなければ、情報犯罪を防ぐことはできません。
どうすればインターネットを安全快適に使うことができるか、被害にあったときにはどうすればいいかなど、情報セキュリティに関する基礎知識をこの紙面からお伝えしていきたいと思います。
最近の情報セキュリティー事情として、十大脅威、ますます見えない化が進んでいる状況があります。ホームページにウィルスが埋め込まれ、ページを見ただけでウィルスに感染してしまうこと。正規サイト(一般的によく見られるサイト)にウィルスが仕掛けられること。ウィルススキャンをしないとウィルスが検出されないこと。製品の脆弱性が頻発して外部から進入される問題点となっていること。など様々な脅威が問題となっています。
次回へ続きます。
 
(インターネット安全教室教材及び講師資料より引用しています)
(今月のお知らせ)
(なし)
(NPO法人くるくるネット 理事長 鳥山 晃)

●セキュリティ啓発事業

Posted by admin